ホーム > 消防・救急・防災 > 消防 > 住宅防火関係 > 在宅酸素療法時における火災予防上の留意事項について

ここから本文です。

更新日:2021年9月7日

在宅酸素療法時における火災予防上の留意事項について

在宅酸素療法の対象疾患の他に、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、全国的に在宅酸素療法を行う自宅療養者が増加しています。

取扱いを誤ると住宅火災や衣類等への引火を引き起こす原因となります。

在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意ください

在宅酸素療法使用する酸素濃縮装置、液化酸素装置及び酸素ボンベの使用中に、喫煙等火気の使用が原因と考えられる火災が発生しています。

宅酸素療法を行う際は、酸素吸入時の火気の取扱いについて、以下の事項に十分注意してください。

 

在宅酸素療法を受けている患者やその家族等にご注意いただきたい事項

  • 高濃度の酸素を吸入中に、たばこ等の火気を近づけるとチューブや衣服等に引火し、重度の火傷や住宅火災の原因となります。
  • 酸素濃縮装置等の使用中は、装置の周囲2メートル以内には、火気を置かないで下さい。特に酸素吸入中には、たばこを絶対に吸わせないでください。
  • 火気の取扱いに注意し、取扱説明書どおりに正しく使用すれば、酸素が原因でチューブや衣類等が燃えたり、火災になるなことはありませんので、過度に恐れることなく、医師の指示どおりに酸素を吸入して下さい。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防局予防課予防係

〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央3-41-5

電話番号:0995-64-0433

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?