ホーム > 市政情報 > 広報・皆さまの声・出前講座 > まちの話題 > まちの話題(平成24年度) > まちの話題(平成25年2月)

ここから本文です。

更新日:2019年3月20日

まちの話題(平成25年2月)

霧島市内でのイベントや出来事などを、まちの話題として紹介します

天降川周辺の景観を保つために

ふるさとの美しい自然を守ろうと天降川ボランティア清掃が2月23日、天降川周辺の7会場で実施されました。多くの地域住民らが最寄りの会場に集合し、1時間ほどかけて天降川堤防沿いのごみ拾いを実施。終了前にはたくさんのごみが集まりました。毎年参加している男性は「これでもごみの量はだいぶ減ってきたんです。このごみがゼロになるのが目標。美しいふるさとのために、ごみゼロを目指してこれからも頑張ります」と笑顔で話していました。

天降川ボランティア清掃

天降川ボランティア清掃2

天降川ボランティア清掃3

(株)平島が工場増設で立地協定

国分上野原テクノパークに営業所を持つ金属系建築材製造・販売を行う(株)平島が、同営業所に工場を増設するにあたり2月21日、霧島市と立地協定を結びました。2006年に霧島市に進出した同社は、工場が手狭になったことから増設を決定。増設部分は建築面積1,628平方メートルで、総事業費3億円、地域の雇用にも貢献したいと従業員3人を新たに雇用する予定となっています。

同社の平島良介社長は「上野原テクノパークは景観がいいのはもちろん、物流の面でも優れている。地域に根差した企業運営をし、地域活性化にも貢献したい」と話していました。

(株)平島との立地協定

(株)平島との立地協定2

広めよう、健康づくりと支えあいの輪

健康づくりと福祉に関する展示や講演会を行う健康福祉まつりが2月17日、国分シビックセンターと霧島市民会館でありました。さまざまな団体による展示が行われた国分シビックセンターでは、AEDを使った心肺蘇生や手話・体操などの体験コーナーをはじめ、おもちゃの修理をするきりしまおもちゃ病院、無料のマッサージコーナーなどに大勢の市民が訪れました。霧島市民会館では女優のあき竹城さんが「キラキラ輝く人生のために」と題して講演。詰めかけた大勢の観客は熱心に聞き入っていました。

健康福祉まつり

健康福祉まつり2

健康福祉まつり3

健康福祉まつり4

1300年前の時代に思いを馳せる

大隅国(おおすみのくに)が建国されて1300年の記念の年となる今年、7回開催予定の連続講演会の2回目が2月17日、国分公民館でありました。
ラ・サール学園教諭の永山修一さんが、「大隅国建国の事情」と題して講演され、会場いっぱいの観客は熱心に聞き入っていました。

2回目の連続講演会

お問い合わせ

総務部秘書広報課広報グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0955

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?