ホーム > 子育て・健康・福祉 > 高齢者福祉・介護保険 > 介護保険 > コロナ禍における要介護認定の訪問調査時のお願い

ここから本文です。

更新日:2021年10月1日

コロナ禍における要介護認定の訪問調査時のお願い

新型コロナウイルス感染防止のため、要介護認定申請での訪問調査の際は、原則として以下のとおり感染対策へのご協力をお願いいたします。

  • 訪問調査に同席をされる場合、原則1名での同席でお願いします。
  • 本人及び調査同席者の方は、訪問調査当日にはマスク着用・手指消毒・換気・当日の検温等の感染対策をお願いします。
  • 37.5度以上の発熱等の症状がある場合は、下記までご連絡ください。(調査日程の再調整等、対応いたします)
  • できる限り短時間での調査が実施できるようにいたしますので、ご協力をお願いいたします。
  • 同席者については、当面の間は以下のご協力をお願いします

県外(感染拡大地域)との往来がある方

原則、同席をお控えください。ただし当該同席者が新型コロナウイルスワクチン接種済(2回)の場合、もしくは帰省後かつ接触前のPCR検査で陰性が確認された場合、又は調査対象者の病状等により緊急性の高い場合については、事前もしくは申請時にご相談ください。

もし対象者との接触があった場合は、接触のあった日から訪問調査日まで2週間の待機期間を設けさせていただきます。

訪問調査を希望されない場合

更新申請において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために面会が困難な場合は、訪問調査を実施せず、前回の認定結果を6~12ヶ月延長することができます(申請手続きは必要です)。詳細は担当までお問い合わせください。

(例)新型コロナウイルス感染症への不安があり、調査員に訪問してほしくない。

入所中の施設が感染症対策として面会制限中のため、訪問調査が実施できない。等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部長寿・障害福祉課介護保険グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0930

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?