ホーム > 消防・救急・防災 > 火山 > 霧島山 > 御鉢に警戒区域を設定しました(平成30年3月24日12時00分)

ここから本文です。

更新日:2018年3月25日

御鉢に警戒区域を設定しました(平成30年3月24日12時00分)

御鉢の噴火警戒レベルは3月15日にレベル2からレベル1に引き下げられたものの、御鉢は活火山であることから、3月24日(土曜日)12時00分に災害対策基本法第63条による警戒区域を御鉢火口内に設定しました。

※現在、高千穂峰への登山道は閉鎖されています。

 

御鉢

これまでの経過

霧島山(御鉢)に火口周辺警報の解除を発表(平成30年3月15日)

霧島山(御鉢)では、火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなったため、3月15日(木曜日)午前11時に、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げられました。

霧島山(御鉢)に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表(平成30年2月9日)

霧島山〔御鉢〕の噴火警戒レベルが、2月9日午後2時40分にレベル1からレベル2の火口周辺規制に引上げられました。

警戒が必要な範囲は、御鉢火口から概ね1kmですが、今後も活動が活発になる可能性がありますので、テレビ・ラジオの情報に注意してください。

なお、高千穂峰への登山はできません。(御鉢から高千穂河原までの距離は、1.42kmです。)

関連リンク

お問い合わせ

総務部安心安全課防災グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0997

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?