ホーム > くらし > 交通・防犯 > 交通安全 > 自転車の交通ルール・マナーを守りましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年7月6日

自転車の交通ルール・マナーを守りましょう!

最近、歩道上などで自転車と歩行者が衝突し、歩行者が負傷する交通事故が増えているようです。自転車は手軽で便利な乗り物ですが、道路交通法上は「車両」であり、歩道と車道の区別がある道路では、原則、車道の左側を走行しなければなりません。

ただし、右のような自転車通行可の標識がある歩道や、自転車通行可の標識がない歩道でも

  • 13歳未満の子どもが運転する場合
  • 70歳以上の高齢者が運転する場合
  • 身体の不自由な方が運転する場合
  • 車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合

等は、例外的に歩道を走行することができます。

しかし、このような場合でも、自転車は歩道の中央から車道寄りを徐行し、歩行者の通行を妨げるおそれがある場合は一時停止するなど、歩行者の通行を優先させなければなりません。

自転車利用時における交通事故を防止するため、下記の自転車安全利用5則を遵守しましょう。

自転車歩道通行可標識の画像

自転車安全利用5則

~正しいルールを知り、安全に自転車を利用しましょう~

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、自転車は車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    • 自転車も飲酒運転は禁止
    • 二人乗りは禁止
    • 「並進可」標識のある場所以外では、並進禁止
    • 夜間はライトを点灯
    • 信号を守る
    • 交差点での一時停止と安全確認
    • 傘を差しながらの運転禁止
    • 携帯電話で通話やメールをしながらの運転禁止
    • ヘッドフォンを着用しての運転禁止
  5. 子どもはヘルメットを着用

Q1.自転車を押して歩いている場合は、歩行者とみなされますか。

A.二輪又は三輪の自転車(側車付きのものや他の車両をけん引しているものは除く。)を押して歩いているときは、歩行者とみなします。

Q2.車道を走行中に信号が青色のときには、直進し、右折し又は左折できますか。

A.直進と左折はできますが、右折(いわゆる二段階右折のため直進する場合を除く。)はできません。

Q3.自転車は一方通行路を逆走できますか。

A.自転車も車両に含まれますので、「自転車を除く」など、規制対象から除外されていない限り、一方通行路を逆走することはできません。

Q4.自転車で歩行者をはねケガさせてしまったが、交通事故になりますか。

A.交通事故とは、「車両等の交通による人の死傷又は物の損壊」をいいますので、当然に交通事故になります。

Q5.自転車で交通事故を起こすと、どのような責任を追及されますか。

A.基本的には、自動車による交通事故の場合と同様です。一般的に考えられるのは、「刑事上の責任」「民事上の責任」が問われます。

自転車の責任

~自転車も事故を起こせば責任を問われます~

自転車だから、事故を起こしたとして大事にはならない・・・。

そんな軽はずみな気持ちが、死傷者を出す重大な事故につながってしまいます。

事故を起こすと、自転車利用者も刑事上の責任が問われます。また、相手にケガを負わせた場合、民事上の損害賠償責任も発生します。

自転車側に賠償責任が問われた事故事例

  1. 自転車が道路右側を走行中、対向してきた自転車と衝突し、対向自転車の乗員が転倒し負傷
  2. 信号待ちをしていた歩行者の目の前を、自転車がすり抜けようとした際、歩き出した歩行者と衝突し、歩行者が負傷
  3. 自転車が歩道を走行中、歩行者とすれ違った際に、自転車のハンドルが歩行者のショルダーバッグの肩ひもに引っかかり、歩行者が転倒し負傷
  4. 夜間、自転車が無灯火の上携帯電話を操作しながら歩道を走行中、歩行者に気づかず衝突し、歩行者が死亡

損害賠償保険などに加入しましょう

万が一の事故に備え、自転車の交通事故に適用のある保険に加入しましょう。

  • 自転車そのものにかける「TSマーク」保険、「SGマーク」制度
  • 自転車利用者が死傷した際に支払われる「交通傷害保険」
  • 利用者本人の死傷と対人賠償責任補償のある「自転車総合保険」

などあります。

詳しくは、自転車販売店や保険会社などにお問い合わせください。

ファイルのダウンロード

自転車のルールとマナーに関するチラシを作成しました。下の様式をダウンロードしてご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部安心安全課交通防犯グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0997

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?