ホーム > くらし > 税金 > 個人市県民税 > 事業所の給与担当の方へ(特別徴収)

ここから本文です。

更新日:2021年12月22日

事業所の給与担当の方へ(特別徴収)

特別徴収(給与引き落とし)とは

  • 地方税法第321条の3及び第321条の4並びに霧島市税条例第44条及び第45条の規定により、給与を支払う事業者は、原則として全て特別徴収義務者として住民税を特別徴収していただくことになっています。
  • 事業主(給与支払者)は所得税の源泉徴収と同様に、住民税の納税義務者である従業員等に代わって、毎月支払う給与から個人住民税を徴収(給与天引き)し、納入していただく制度です。

(注)特別徴収に関する届出書は、以下からダウンロードしてください。

ファイルのダウンロード

(注)特別徴収の納期限は、給与から徴収した月の翌月の10日です。(納期限が土曜日、日曜日、国民の祝日・休日の場合は、その翌日が納期限となります。

特別徴収税額の納期の特例について

特別徴収義務者の事務負担を軽減するため、給与の支払を受ける人が、常時10人未満である場合には、給与の支払の際に徴収した特別徴収税額を年2回に分けて納入することができます。

特例の適用を受けるためには事前の申請が必要です。

特例の適用を受けた場合の納期限

6月分~11月分・・・・・・・・・11月分の納期限まで
12月分~翌年5月分・・・・・・・・・翌年5月分の納期限まで

詳しくは下記ファイルをご覧ください。

ファイルのダウンロード

退職所得に対する住民税の特別徴収について

退職所得に対する個人の市民税・県民税については、所得税と同様に、他の所得と区分して退職手当等の支払われる際に支払者が税額を計算し、退職手当等の支払金額からその税額を差し引いて、市民税・県民税をあわせて市町村に納入することとされています。

計算方法および納入の手続きについては、退職所得に対する住民税についての文書等をダウンロードしてください。

eLTAXをご利用ください

eLTAXとは、地方税ポータルシステムの呼称で、地方税における手続きをインターネットを利用して電子的に行うシステムです。エルタックスと読みます。

地方税の申告、納税、申請・届出などの手続きは、それぞれの地方公共団体で行っていただく必要がありますが、電子申告、共通納税、電子申請・届出などは、地方公共団体が共同でシステムを運営することにより、電子的な一つの窓口からそれぞれの地方公共団体に手続きができます。

個人住民税に関しては、給与支払報告書や特別徴収の異動届等の提出が可能です。地方公共団体の窓口に出向くことなく、自宅やオフィスで、パソコンからインターネットを通じて簡単に行うことができる便利なシステムですので是非ご利用ください。

詳細はeLTAXホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

なお、給与支払報告書については、前々年分で税務署に提出した源泉徴収票が100枚以上の場合、eLTAXまたは光ディスク等による提出が義務化されています。また、100枚未満であっても、市に申請書を提出し、承認を受ければ光ディスク等で提出できるようになっております。光ディスク等で提出する場合には申請書を11月末日までに提出してください。
詳しくは、総務省ホームページ「光ディスク等により給与支払報告書を提出する場合の規格等について」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部税務課市民税グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0884

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?