ホーム > スポーツ少年団の活動について

ここから本文です。

更新日:2020年6月19日

スポーツ少年団の活動について

スポーツ少年団の新型コロナウイルスに係る活動制限について次のとおりお知らせします。

令和2年6月19日からの取り扱いについて

スポーツ少年団活動については、県外居住の方及び14日以内に北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県に行かれた方の利用を制限していましたが、令和2年6月19日(金曜日)から利用制限を解除します。

ただし、今後の各都道府県の感染状況によっては、利用の制限をお願いする場合があります。

なお、スポーツ少年団活動実施にあたっては、次の点に注意してください。

【注意点】

  • 利用開始時と終了時に手洗いとうがい、消毒液等による手指の消毒を行いましょう。
  • 利用中はマスクを着用しましょう(スポーツ競技中を除く)。
  • マスクを着用したまま運動をすると負荷が増し体温が下がりにくいことがあるため、息苦しさを感じたときは、マスクを外し、休憩をとるようにしましょう。
  • 身体の接触を伴ったりする活動や、互いに手を伸ばしたら届く距離で会話や発声が行われる場面を避けるなど、感染症予防の観点から活動内容を十分検討しましょう。
  • 体育館や武道館等、屋内の活動場所や、更衣室等は常に窓を開け、風通しの良い状態を保つようにしましょう。
  • 天候等の状況で常に窓を開けられない場合は、少なくとも1~2時間に1回、5~10分程度、大きく窓を開けて換気を行いましょう。
  • 熱中症を予防するために、こまめな水分・塩分の補給や休憩、風通しの良い服装や屋外では帽子をかぶりましょう。また、高温、多湿、風がない(弱い)、日射しが強いなどの条件が重なる場合には、屋外での運動を見合わせるようにしましょう。

令和2年6月13日から6月18日までの取り扱いについて

スポーツ少年団活動については、練習のみ活動を再開していますが、鹿児島県スポーツ少年団からの通知を受け、令和2年6月13日(土曜日)から他団体との合同練習や対外試合を再開します。

県外の方や、県内居住者でも、14日以内に、北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県に行かれた方は、6月18日まで利用できません。

なお、スポーツ少年団活動実施にあたっては、次の点に注意してください。

【注意点】

  • 利用開始時と終了時に手洗いとうがい、消毒液等による手指の消毒を行うこと。
  • 利用中はマスクを着用すること(スポーツ競技中を除く)。
  • 身体の接触を伴ったりする活動や、互いに手を伸ばしたら届く距離で会話や発声が行われる場面を避けるなど、感染症予防の観点から活動内容を十分検討すること。
  • 体育館や武道館等、屋内の活動場所や、更衣室等は常に窓を開け、風通しの良い状態を保つこと。
  • 天候等の状況で常に窓を開けられない場合は、少なくとも1~2時間に1回、5~10分程度、大きく窓を開けて換気を行うこと。

令和2年5月15日から6月12日までの取り扱いについて

スポーツ少年団活動については、練習のみ活動を再開していますが、鹿児島県スポーツ少年団からの通知を受け、6月12日までの間、他団体との合同練習や対外試合等は行わないようにしてください。

なお、スポーツ少年団活動実施にあたっては、次の点に注意してください。

【注意点】

  • 他団体との合同練習や対外試合等はできません(6月12日までの間)。
  • 利用開始時と終了時に手洗いとうがい、消毒液等による手指の消毒を行うこと。
  • 利用中はマスクを着用すること(スポーツ競技中を除く)。
  • 身体の接触を伴ったりする活動や、互いに手を伸ばしたら届く距離で会話や発声が行われる場面を避けるなど、感染症予防の観点から活動内容を十分検討すること。
  • 体育館や武道館等、屋内の活動場所や、更衣室等は常に窓を開け、風通しの良い状態を保つこと。
  • 天候等の状況で常に窓を開けられない場合は、少なくとも1~2時間に1回、5~10分程度、大きく窓を開けて換気を行うこと。
  • スポーツ少年団の練習時間は、県スポーツ少年団から、2時間以内(準備、片付け等の時間は除く。)とされています。

令和2年5月11日から5月14日までの取り扱いについて

全国の都道府県に緊急事態宣言が出され、スポーツ少年団活動の自粛をお願いしていましたが、鹿児島県の緊急事態宣言に対する対応・措置を鑑み、5月11日(月曜日)から再開することとしました。

再開にあたっては、次の点に注意してください。

【注意点】

  • 練習試合や大会はできません(5月31日まで)。
  • 市外の方や14日以内に県外に行かれた方は不可。
  • 利用開始時と終了時に手洗いとうがい、消毒液等による手指の消毒を行うこと。
  • 利用中はマスクを着用すること(スポーツ競技中を除く)。
  • 身体の接触を伴ったりする活動や、互いに手を伸ばしたら届く距離で会話や発声が行われる場面を避けるなど、感染症予防の観点から活動内容を十分検討すること。
  • 体育館や武道館等、屋内の活動場所や、更衣室等は常に窓を開け、風通しの良い状態を保つこと。
  • 天候等の状況で常に窓を開けられない場合は、少なくとも1~2時間に1回、5~10分程度、大きく窓を開けて換気を行うこと。
  • 練習時間は、2時間以内(準備、片付け等の時間は除く。)とする。

令和2年5月7日から5月10日までの取り扱いについて

霧島市スポーツ少年団活動の活動自粛延長について

  • 新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、スポーツ少年団の活動は5月6日まで活動自粛をお願いし、5月7日以降は練習のみ可としていますが、国の緊急事態宣言が延長される見込みのため、活動の自粛期間を延長します。
  • 延長する期間は、5月7日からの2週間(経過観察期間を考慮)である5月20日までとしますが、今後発表される国からの情報をもとにあらためて検討します。
9

お問い合わせ

市民環境部スポーツ・文化振興課スポーツ振興グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?