ホーム > 子育て・健康・福祉 > 子育て情報 ぐんぐんの木 > 助成制度・手当 > 児童手当

ここから本文です。

更新日:2020年11月6日

児童手当

児童手当とは

中学校3年生までの児童(15歳に到達し最初の3月までの児童)を養育する方に、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援するために支給される手当です。

  • 教職員、自衛隊員などの公務員の一部の方については、勤務先が手続き窓口になりますので、前もってご確認ください。

児童手当に関する申請等は、事由の発生した日(出生、転出入、結婚・離婚など)から15日以内の手続きが必要となります。不明な点や疑問に思うことがあるときは、前もってお問合せください。

手当額と支給日

手当月額

  • 0歳~3歳未満:15,000円(一律)
  • 3歳~小学校修了前:10,000円(第3子以降は15,000円)
  • 中学生:10,000円(一律)
  • 所得制限限度額以上の場合:5,000円(一律)

(注)第3子以降とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子から数えます。手当は、2月・6月・10月の各6日に前の4か月分をまとめて支給します。

手続きに関すること

必要なもの

  1. 印鑑(認印可)
  2. 申請者名義の預金通帳又はキャッシュカード
  3. 申請者が厚生年金・共済年金に加入している場合、申請者の健康保険証の写し又は年金加入証明
  • 2、3は申請者のものであり、配偶者や児童のものではありません
  • 申請者とは、児童を養育する保護者のうち、収入の高い方(生計の中心となる方)になります。

その他必要に応じて提出する書類がありますので、詳しくはお問い合わせください。

必要な手続き

  1. 子どもが生まれたとき、霧島市へ転入したときなどは、その翌日から15日以内の請求が必要です。(子どもの出生日、転入日(正確には、前住所地からの転出予定日)の翌日から15日以内に手続きがない場合は、支給開始月が遅くなる場合がありますので、15日以内の手続きを忘れないようにしてください。)
  2. 認定を受けた後、子どもが生まれたとき、本市から住所を変更(本人、児童どちらかの場合も)したとき、結婚・離婚したときなどは15日以内に届出が必要となりますので、必ず手続き・お問合せください。
  3. 児童手当は6月から翌年5月までが1年度となっていますので、認定を受けた後は、毎年6月に「現況届」を提出していただきます。この届によって、所得状況を確認し、その年度の手当の支給について、審査しますので、必ず提出してください。

所得の制限

前年(1月~5月分の手当については、前々年)の所得が限度額以上の場合、手当額は児童の年齢に関わらず、中学校終了前の児童1人につき月額5,000円となります。

限度額は下表の通りです。(下表は、申請者の前年の収入から給与所得控除、医療費等の控除、社会保険料相当額(一律80,000円)を控除した額になります)

前年末現在の扶養親族等の数

所得制限限度額(万円)

0人

622

1人

660

2人

698

3人

736

4人

774

5人

812

(注1)所得税法に規定する老人控除対象配偶者又は老人扶養親族がある方についての限度額は、上記の額に当該老人控除対象配偶者又は老人扶養親族1人につき6万円を加算した額となります。

(注2)扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額は、1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者又は老人扶養親族であるときは44万円を加算した額となります。

ファイルのダウンロード

(注)直筆で記入ください。

新規で認定請求する場合(第1子の出生・他市からの転入など)

既に手当てを受給中の方で増額請求する場合(第2子以降の出生など)

申請に必要なものなどは、「子育てに関する手当等の一覧」にも記載されていますので、ご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援課子ども・子育てグループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0735

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?