ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみ減量・リサイクル > ごみ袋の中身を調査しました(ごみ組成分類調査)

ここから本文です。

更新日:2019年2月14日

ごみ袋の中身を調査しました(ごみ組成分類調査)

平成27年度に、「一般家庭から排出される可燃ごみ」と「事業所から排出される可燃ごみ」を調査し、可燃ごみに含まれるごみの種類やその割合を調査するため、「組成分析」を行いました。
本調査は霧島市のごみ減量化・資源化施策に関する効果的な対策を講じるための基礎資料の作成を目的としています。

調査方法

ごみ処理施設内、ごみピットへ投入直後のごみ300kgから400kg程度をごみクレーンでホッパーステージに移動させた後、手作業にて200kg程度を抽出し、分類項目ごとに仕分けその重量を測定し、調査を行いました。

調査結果

家庭から排出される可燃ごみの調査結果

家庭から排出される可燃ごみ袋に入っていたごみを調査したところ、全体の26.9%が資源ごみであるという結果が出ました。そのうち最も多かったのは、プラスチック製容器包装で、次に紙類が多く、大半をこの2品が占めておりました。また、一部ペットボトルやびん類、缶類の混入も見受けられました。

可燃ごみ袋に入っていたごみの分類(可燃・不燃・資源ごみの3種類に分類)

家庭系可燃ごみの割合の画像で資源ごみ26.9%、可燃ごみ71.5%、不燃ごみ1.7% ごみ分別色別表

 

可燃ごみ袋に入っていたごみの組成別内訳

家庭から排出される可燃ごみ袋に入っていたごみの組成別の内訳では、厨芥類が最も多く、次いで資源化できない紙類が多いという結果になりました。資源ごみに分類される品目では、その他プラ・雑誌等が突出して多く、また、新聞・チラシの混入も若干多めであるという結果が出ました。家庭系可燃ごみ組成別内訳の画像

事業所から排出される可燃ごみの調査結果

事業所から排出される可燃ごみの袋に入っていたごみを調査したところ、全体の39.3%が資源ごみであるという結果が出ました。そのうち最も多かったのは、紙類で次にプラスチック製容器包装が多く、家庭系ごみと同様大半をこの2品が占めておりました。また、一部ペットボトルやびん類、缶類の混入も見受けられ、全体的に家庭系ごみより分別がなされていないという結果になりました。

可燃ごみの袋に入っていたごみの分類(可燃・不燃・資源ごみの3種類に分類)

事業系可燃ごみに含まれていたごみの割合で資源ごみが39.3%、可燃ごみが60.3%、不燃ごみが0.4% ごみ分別色別表

可燃ごみの袋に入っていたごみの組成別内訳

事業所から排出される可燃ごみの袋に入っていたごみの組成別の内訳では、厨芥類が最も多く、次いで資源化できない紙類が多いという結果になりました。資源ごみに分類される品目では、その他プラ・雑誌等が突出して多く、また、段ボールの混入が多めであるという結果が出ました。

事業系可燃ごみに含まれていた組成別内訳

 

 

調査結果

 

 

市民の皆様、事業者の皆様のご協力が必要です

霧島市では、これまで可燃ごみの処理に多額の費用を要してきました。その費用を縮小するためには、可燃ごみの減量は欠かせません。そのためには、市民や事業者の協力が必要不可欠です。
今回の調査の結果をもとに、特に重点を置くべきポイントを掲載いたします。

ポイントいちの画像

生ごみはできるだけ水分を切って出しましょう。

今回の調査結果より、家庭系・事業系ともに生ごみが最も多くの割合を占めております。一般に生ごみに含まれる水分は80%と言われていることから、三角コーナーや水切りネットなどを利用し、水分をできるだけ減らして排出することで、かなりの減量効果が期待できます。

ポイントにの画像

資源化が可能なごみについては、分別し資源として排出しましょう。

今回の調査結果より特に減量効果が期待できるのは、紙類とその他プラです。また、家庭系の古布・古着についても新たな資源ごみとしての分別が可能となっております。これらの排出方法等について、下にご紹介しておりますので、ご覧いただき、分別への協力をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部環境衛生課廃棄物対策グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0961

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?